今回は、土木工事のプロである株式会社新栄建設が、新築住宅の造成工事を例に挙げて、一般的な施工の流れをご紹介いたします!

主に5つの工程をたどります

①更地にして仮杭を打つ
②給水管敷設 (地中に埋設する管や施設を設置する)
③LU字溝の設置 (側溝や集水桝・グレーチングなど、道路まわりをつくる)
④道路路盤工事 (アスファルト舗装の下地をつくる)
⑤アスファルトの下地である路盤の上にアスファルトを敷く

宅地造成における注意点

元々の土地の用途や地質の調査・確認は入念に行ない、その土地に最適な施工方法を選ぶ必要があります。
また、地震などの自然災害に強い地盤をつくるためにも、転圧・締め固め、排水処理などを適切に行なわなければなりません。

施工のご依頼はお気軽に

土地活用を目的とした造成工事のことなら、静岡県静岡市や三島市などで活動する弊社におまかせください。
専門知識を有するスタッフが、適切な計画を立てて、安全に作業いたします。
みなさまからのお問い合わせを心よりお待ちしております。


三島市など静岡県の外構・エクステリア・土木工事は(株)新栄建設
ただいま、新規スタッフを求人中!
〒419-0125 静岡県田方郡函南町肥田298-4
電話:055-913-1432 FAX:055-913-2472
静岡県知事許可(般-30)第39336号
セールス電話・営業メール・求人広告媒体・
ホームページ商材・インターネット商材等
上記等に該当する弊社の業務に
無関係な案内は「禁止」とする